必要がなくなったものは粗大ごみに出してみて!

掃除が嫌いな人はどうして掃除が嫌いなんでしょう。子供のころから掃除が嫌いだったのでしょうか・・・。それとも、社会人になって仕事が忙しく掃除をする時間が無くなってしまったのでしょうか・・・。

掃除が嫌いな人にはそれなりの理由があります。粗大ごみもため込むだけため込んで、一向に家の外に出そうとしない人がいます。それを「自分の財産だ」と言い張る人もいますし、「修理すればまた使えるようになる」と言う人もいます。

「昔から使っていたものには愛着があって簡単には捨てられない」という人もいます。小さなものに対してならいいですが、大きな家電や家具が捨てられないとなるとこれはちょっと厄介です。愛着があったとしても、だからいつまでも取っておいていいわけではありません。

置けるスペースがあったとしても、もう必要がなくなった大きな家具は粗大ごみに出すことです。そういうことがきっかけになって物が捨てられるようになるかもしれません。