アーカイブ | 10月 2017

粗大ごみをまとめて履きしたくなったら

家の家具など大きな粗大ごみを捨てるタイミングといえば引越しの時に破棄してもらうのがいい方法だと思いますが、そんな機会も頻繁にはないので、実質はすんでいる地域の自治体に依頼することになると思います。でも自治体によっては、粗大ごみシールを買ってきて這ったり、家の前ではなくて決まったところに出さなければいけなかったりで、いろいろと大変です。そんな粗大ごみを捨てる時は、私は自治体の焼却場に直接持っていくことが多いです。ちょっとおおきめの車を持っていないと難しいかもしれませんが、木製家具ならばある程度バラバラにすればそれなりの量は入りますし、その他の大きなものについても、ネジ等で分解できるものは可能な限り分解してもっていきます。もって行くメリットとしては取りに来てもらうよりも確実に値段が安いです。そして自分のあいている時間でできるのでおもいたったらすぐできるのもメリットのひとつです。すべての自治体で実施しているかはわかりませんが、車に乗るようなものであれば、一度自治体に問い合わせをしてみるといいと思います。丁寧に教えてくれると思います。